Eコマース

松浦 美織

「お客様が何を求めているかを察し、求められている情報を無駄なく提供する」

Eコマースの仕事内容は。

店舗での営業からECの部署に移ってから9ヶ月くらい経ちました。今は基本的にはEC全体の売上目標を達成するための方針を考える仕事をしています。撮影ではモデルとして商品を着たり、オンライン限定の商品の仕入れや商品の企画もしています。商品の企画から撮影や販売、お客様からの問い合わせなどカスタマー対応もさせていただくことで一連の流れを把握できるところに面白さを感じています。自分がモデルとして着用した商品が売れることも嬉しいですし、お客様に商品が手に届くことが決まった瞬間も嬉しい。ひとつの店舗より、ECにおけるお客様の数は非常に多いので、トレンドの情報を素早く把握できます。

販売からECへ移って感じたことは。

店舗からECに移動してきた直後は、お客様を直接的に接客できないことへのギャップに戸惑うこともありました。もともとはジョブ・ローテーション期間でEC配属になったのですが、結果的にそのまま異動ということになりました。そうした経緯もあって、ECに移ってから1ヶ月くらいは明確な目標を持つことが出来ませんでした。すると、上司に私が半端な気持ちのまま働いていることを見抜かれてしまい、「このままじゃ何も変われないよ」と厳しく言っていただき、それをきっかけに“これは私が変わるための恵まれたチャンスなんだ”と気持ちを切り替えることができました。バイヤーやプレスなどに比べて、ECで働きたくて入社するという人は少ないかもしれませんが、販売の全体像を把握できる部署で、視野を広げるにはすごくいいと思います。お客様の数が多いことや、店舗における客層やニーズとも異なる為、ECマーケットに特化した商品企画なども含め、やりがいのある仕事だと思います。私自身、半年前から洋服の商品企画にも携わるようになり、幅広く業界の流れを理解できるようになったので、視野がかなり広くなったなと感じます。

ファッションを好きになったきっかけは。

大学時代から販売のアルバイトをしていて、働きながら洋服も接客も好きだなと感じていました。その頃から周りの上司や先輩の着こなしに憧れて、よりファッションの魅力に惹かれていきました。それと同時期にアメリカのボストンへ3ヶ月ほど語学留学したことをきっかけに、ランニングにハマりました。部活やサークルではなく、学生向けのランニングクラブのアンバサダーをつとめていたこともあり、ライフスタイルに関わる仕事に興味がありました。就職活動を始めた当初はアパレルを志望というわけではありませんでしたが、いざ就活が始まると着慣れないスーツで面接に行かなきゃいけないことが窮屈に感じられて、自分が好きな服を着ていた方が自分の素が出せるなと思いアパレル業界への就職を考え始めました。そんな中でデイトナを知り、この会社で働きたいと思いました。

働きながら大事にしていることは。

店舗にいた頃は、私のオススメというよりもお客様が何を求めているかを大事にしていました。お客様が直接的には言わないけれど本当にしたいスタイルがあると思っていて、それを察するように心がけていました。お店が居心地の良い空間であって欲しいというのは常に思っていましたし、以前いた店舗ではドライフラワーをお選びいただけるイベントなどを通じてお買い物をするだけではなくて遊びに来る感覚で“FREAK’S STOREっていいよね”と思ってもらいたくて。ECにおいても全く軸は違いますが通じる部分があり、オンラインだとサイズや素材重視でチェックされる方が多いので、無駄な要素は省いて求められている情報を提供するように意識しています。自分自身も消費者として色んなネットショップを利用して何が足りないのかを考え日々勉強しています。

デイトナで働きたいと思った理由。

デイトナが掲げている「LIFE TO BE FREAK」というヴィジョンには、自分の人生を楽しみながら仕事も楽しもうという意味が込められています。大学時代にランニングを続けていた私自身、すごく共感する部分がありました。採用担当の方も親身になってくださったこともあり、いい会社だな、ここで働きたいなと感じました。入社3年目で仕事が忙しくなりましたが、今も日々の合間を縫ってランニングは続けています。

デイトナで働く魅力は?

スピード感のある会社なので若手スタッフが色んな幅を持って働くことができるのがまずひとつ。私も入社するまでは販売の経験しかありませんでしたが、ECでは仕入れなどの物流や在庫管理までできるようになりました。もうひとつは、人と人とのコミュニケーションがすごく円滑なこと。わからないことがあれば上司が親身になって時間を取ってくださいますし、若手の私たちの想いをしっかり受け止めてくださるのが大きな魅力です。私自身も周りの人にしていただいたことは返したいという気持ちがありますので、これから一緒に働く仲間に対しても何か悩んでいることがありそうだったらすぐに声をかけていきたいです。ちなみに同期の仲間は何でも包み隠さずに言い合える関係で、相談したいことがあれば電話で話したりすることもあります。全国転勤なのでみんな色んな場所で働いているのですが、叱咤激励し合いながら互いにがんばっています。

今後はどんな人と一緒に働きたいですか。

意思が強い人はもちろんですが、自分が配属された場所で何を求められているのかを理解し、行動できる人。もしも別の場所で何か目標があるのならば、今いる場所で完璧に動けるようになること。そこから自分の想いを発信し続ければ、きっと周りの上司だったり誰かの目に留まると思います。私自身、今はEC部署に女性が私しかいないので、まずはレディースの営業チームで役割を果たし、情報を収集して人をまとめることもできるようになりたいという目標があります。入社して3年目に入ったばかりなので、まだまだがむしゃらな時期。女性ならではの柔軟性も大事にしながら、上司の良いところをどんどん吸収して自分の軸となる部分を固めていきたいなと思っています。

普段の着こなし、ライフスタイルにおけるこだわりは。

もともとカジュアルな服が大好きなのですが、最近は透け感のある素材のものやパンプスなど、カジュアルな中にもどこかに1点、女性らしさを感じさせるアイテムを足すように心がけてしています。ライフスタイルにおいては「MAKE A LIFE PLAYFUL」というのが今期のFREAK’S STOREのテーマでもありますので、仕事にも遊びにも全力で取り組みたくて、会社帰りに映画を観に行ったりすることもあります。最近はうちの会社にキャンプ好きが多いのも影響して、私もキャンプをはじめました。アウトドアファッションも大好きなので、今後の休日はアウトドアを楽しんでいきたいですね。