CEO 鹿島 研

ビジョン・ミッションに込めた次の30年
VISION-目指す姿-LIFE TO BE FREAK熱狂的に生きて世界中を幸せにします。
MISSION-使命-価値ある物語を、熱意を持って共に創り、一人ひとりを最高の笑顔にします。

デイトナが30周年を迎えるにあたり、それぞれがデイトナはどうあるべきか、どこに向かっていくかを語り合い、次の30年を作るビジョンとミッションを制定しました。「熱狂的」というのは生きるエネルギーそのものであり、その一人ひとりが「熱意」を持って世界中を幸せにすることを使命としています。その上で我々が提案する価値とは、サービスを受けた方が必ず今よりも生活の質が良くなっていくというコミットです。決して服を売ることだけではなく、お客様にとって、働く人にとっても生きていることの価値を引き上げるサービスの提供こそが本来の価値だと考えています。

私自身どうして仕事に打ち込めるのかを考えると、その答えは「人が喜ぶ顔が好き」という一言に尽きます。だからこそ、それぞれが熱意を持って熱狂的に生き、その熱やワクワク感を人々に伝え、その結果世界を幸せにすることを本気で目指しています。そして次の30年も一人でも多くの仲間に、仕事を通じての喜び、人生の充実感を味わって頂きたいと心から願っています。

高い収益性と本質の追求

現在の主軸であるフリークスストアは、長年のノウハウもありビジネスとして研ぎ澄まされています。内装を凝ったお店を効率的な単価で作り、すぐに売り上げが立って短期で回収する。これは実は他社が持っていないモデルで、投資回収の速さがフリークスストアの強さになっています。

その収益性が高い事業がありながらも、そうでないものは適合しないかと言えばこれが経営判断です。一般的には効率が良い事だけをやれば収益も自己資本比率も上がるわけですが、そのために会社がある訳ではなく、ビジョン・ミッションを達成するために適正な様々な数字を確保する。足元にしっかりとビジネスがあり、キャッシュを再投資できる会社を作ることをいつも考えています。

さらに伸びる⼩売と次なる事業

小売業はさらに伸びて売上500億円は達成する見込みです。さらにフリークスストアの進化系と新しいブランド型が続き、これから拡大する他の事業を含めて1000億円を目指します。

今後広がる他の事業は、まだ適切なワードがありませんが、一つは消費よりも、時間やコトをどう消化していくのかという、食を含むライフソリューションです。具体的には、飲食を含めたリゾートの開発で、もっと前向きで積極的な生き方に飛び込んでみようという支援です。働き方が多様化し、時間や場所に縛られない生き方が定着していく中でも、人との出会いや営業活動は必要不可欠ですよね。そのインフラとなる作品をプレゼンして人が繋がるギャラリーと、コワーキングスペースのようなシェアオフィス、お客様が泊まれるゲストハウス、それらを繋ぐ飲食と物販を備えた施設の開発など、短期間で良いパートナーと出会うことができ、同じスペースを使ってお互いに成長できる場所の設定も一つのライフソリューションだと考えます。

他には、良い人材が足りないという業界の課題に対して、人材バンクを作ることで、業界であり、日本であり、世界中がウィンウィンになるような仕掛けも考えらえれます。また、個人ではなく、会社対会社を対象とすると、いい意味でのM&Aも考えており、もの作りのプロフェッショナルとの繋がりは既にいくつか動き始めています。

既成概念にとらわれず若手に任せる

若い子にもチャンスは平等にあり応援する会社ですが、まだそれを使わず、既成の箱を目指しているように見受けられます。言えることは、ノウハウは惜しまずに教え、後押しをし、チャンスも与えます。得るものを得て、次のステージに行きたい人にはこんなにいい会社はないと思います。

ただ、今ならこの人を紹介してマッチングさせてあげられるという状況があったとして、それが夜の22時でもチャンスだと思い、その出会いに向かう感性が働くかどうか。もちろん8時間勤務、週休2日制でも良いですが、ものをなし得るのにその時間でできますか?ということ。好きなことを8時間でストップウォッチを止めるかと言えば、熱中していたらやり続けますよね。通常オーナーという仕事をする人はその嗅覚を持っていますが、そういう選択もできるしそうじゃない選択もできる、多様性のある会社が理想です。

それぞれがオーナーであり、働き方に多様性がある会社働く人自らがオーナーマインドではなく、オーナーとして仕事が帰結できるような働き方を提案していきます。究極をいえば、評価は会社や上司がするのではなく、自分がすること。オーナーとは全てが自己責任で、誰も評価してくれない、自分で評価を被らなければいけない。責任も重く難易度も高いですが、そういう働き方ができる人が全体の何割かいるような会社がこれからの時代には強いです。それはアメリカが持つ多様性と同じで、自分の生き方は自分で決める、そのための働き方の選択肢が会社の中にあるということ。自らのリスクを持って社会で立ち上がるのがフリーランスですが、会社がリスクのベースを負担し軽くする中で、自らの責任で仕事も選べるようなことができたらいいのではないでしょうか。

先ほど挙げた新たな事業はほんの一部で、やはり企業はコトの前に人です。手を挙げればチャレンジもできますし、社会の課題やニーズに対しての新たなビジネスの提案、もっと小売を伸ばしましょうというのも選択肢の一つです。そこに求めるのは、新たな時代に向けた多様性を生み出す想像力と、世の中を理解し、多くの人に伝える知性、そして結果を出す実行力です。これまでの小売・アパレルとは明らかに異なるデイトナの未来と、世界中の幸せを共に作る仲間に出会えることを楽しみにしています。

ABOUT OUR HISTORY

これまでのデイトナ、これからのデイトナ

社名は、若い感性が集まる場所アメリカフロリダ州デイトナビーチに由来する。

WHY USA?

やっぱりアメリカが好き、もちろんアメリカが好き

アメリカの豊かさ、ドキドキ、ワクワクをお客様に伝えたい!という想いからフリークスストアをスタートし30年。